愛知県のコンテストで最優秀賞を受賞しました

愛知県は、以下の内容で記者発表(2021年8月12日木曜日)を行いました。

「愛知県では、県産農林水産物を活用した加工食品を新たに掘り起こし、農林水産物の利用拡大と生産振興に資するため、2021年8月4日(水曜日)に「2021年度愛知のふるさと食品コンテスト」を開催しました。
 審査の結果、下記のとおり「鰻能」を最優秀賞(知事賞)1点、「愛知のキムチカップ180g」と「ココトモバウムハード玄米」を優秀賞(愛知食品産業振興協会会長賞、農業水産局長賞)2点に選出しましたのでお知らせします。
 なお、最優秀賞の商品を、一般財団法人食品産業センターが主催する「優良ふるさと食品中央コンクール」の愛知県代表として県から推薦します。」

審査講評では「・旨味抜群。少し足すだけで深い味わいになる。
・生産者、企業、学生など地域が連携して商品化に至っている。
・ネーミングもパッケージも力強いイメージが伝わる。 」とありました。

ウナギの魚醤「鰻能(ばんのう)」の開発コンセプトは、発酵の力を活用して、通常では利用されていない鰻の頭部を魚醤にするという、全国的にも例のない未利用資源の活用です。この商品化を通して、絶滅危惧ⅠB類に指定されたウナギの持続的な利用(SDGs)を目指しています。醸造には、イチビキ(株)の開発技術力が不可欠で、同社の研究員の技術力により、色は淡く、匂いも柔らかく、旨味が豊富な魚醤(鰻ナンプラー)となりました。

審査講評にありますように、この魚醤の商品化には多くの人たちの思いが詰まっています。地域団体商標登録された「豊橋うなぎ」や「一色産うなぎ」の生産者の皆さん、この魚醤の商品名やイメージキャラクターを考えてくださった東三河の高校生の皆さん、(株)あつみ、イチビキ(株)、そして弊社の連携が実を結びました。

次は愛知県代表として、一般財団法人食品産業センターが主催する「優良ふるさと食品中央コンクール」に挑戦します。朗報をお待ちください。