ブログ(とし丸の釣魚大全)

 幼少の頃からとにかく釣りが大好きで、暇を見つけては釣りに出掛けた日々。こんな釣りバカな私に、開高健の情熱的名著『私の釣魚大全』は、意味のあることだと勇気を与えてくれました。続いて読んだ『オーパ!』で紹介された中国の古いことわざも、私の背中を強く強く押してくれました。

・一時間、幸せになりたかったら酒を飲みなさい。
・三日間、幸せになりたかったら結婚しなさい。
・八日間、幸せになりたかったら豚を殺して食べなさい。
・永遠に、幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。

 アイザック・ウォルトンの『釣魚大全』とは比ぶべくもないものですが、このブログでは、尊敬する開高健の心境に少しでも近づきたく、浜名湖や遠州灘の釣行やボートのメンテナンスなど、徒然のことを記すことができたらと思います。

ブログ一覧

夏のクラクション

8月はお盆を過ぎるとなぜか寂しい季節感が漂います。日中の暑さは依然として夏真っ盛りの勢いがあるのですが、朝夕のちょっとした風に秋の気配を感じます。小学校から教員生活を終えるまで、夏休みはずっと身近な存在で、夏休みが始まるワクワク感と、お盆が明けてもうすぐ学校が始まるというなんとも悲しい気持ちは、54年間変わりないですね。おまけの今夏は凪悪い週末が続き、全く釣行できていません。夏が旬のスズキもしばらく釣っていません。悲しさがますます募ります。こんな時の気持ちにぴったりくるのが稲垣潤一の「夏のクラクション」です。そういえばカラオケもしばらくご無沙汰ですねぇ~

2021年08月22日

うねりのシーズンイン

7月に入り、遥か南の海上では熱低やら台風やらが発生し、頼みもしないのにうねりをこの遠州灘まで運んでくれます。このうねりが厄介です。風が起こす波と違って微妙な周期でボートを上下させます。そこにボートが起こす波が重なるともういけません。たまに船酔いする船長としては、この時期の風は常にアゲンストです。ゲストが先に船酔いすれば「船長だってたまには船酔いするから気にしないで」と声を掛けますが、ゲストより先に酔ったら困ります。実に困りますねぇ~7月のカレンダーはオニカサゴです。名前は強面ですが味は細面ですよ。繊細で美味という意味です。

2021年07月18日

6月は波高し

例年より20日以上早く、5月中旬に梅雨入りしてから、遠州灘はず~~と波高く、海に出られません。今年の海はどうなっているのでしょうか?6月のカレンダーは縞鰺です。すでに来年度のカレンダーの予約案内が来ていますが、来年度も魚シリーズにします。釣りに行けないときはカレンダーを眺めてがまんがまん・・・。

2021年06月26日

ラグーナフェスティバルマーケット平松食品PHラボでウナギの魚醤「鰻能」を販売しています

蒲郡市のラグーナフェスティバルマーケットにある(株)平松食品、美食倶楽部内に開設されているPHラボのショップに、弊社が(株)あつみ、イチビキ(株)と共同で開発したウナギの魚醤「鰻能(ばんのう)」が販売されています。在庫が残り2本となっていました.お買い上げありがとうございます。

2021年06月06日

蛸シーズンイン

大型連休は例年凪が良くて、いつも天竜沖の帰りに、中田島砂丘では多くの凧が上がっていました。浜松まつりの凧あげは、コミカルなラッパの音にゆるーい行列、好きな祭りベスト3に入るかも!?本当は祭りを見たいのに凪がいいから、いつも沖から凧を見ることになります。ところが今年はどうでしょう。祭りも見られず、沖にも出られず、そんな連休でした。しかしながら、この季節は7月まで湖内で大きな楽しみがあります。浜名湖の初夏の風物詩、蛸釣りです。週末ともなると、蛸よりボートの方が多いのでは?と思うほどですが、週末に5回も出漁すれば1年分の蛸をゲットできます・・・たぶん。偶然ですが、弊社のカレンダーも明石の蛸です。

2021年05月01日
» 続きを読む