活動内容

1 ニホンウナギ完全養殖に向けた研究(人工シラスウナギの量産化)

新しい飼育方法を開発し、大量かつ低コストでシラスウナギを安定生産することを目指します。
(1) 極めて低い生残率の解消
(2) 成長促進を伴う餌の開発と成長に適した栄養成分の探索
(3) 飼育水の長期維持や水入れ替え作業等の軽減を目指した養殖装置の開発

 

2 ウナギ資源の有効活用

 ニホンウナギは、近い将来、野生での絶滅の危険性が高いものとされています。そのため、限りあるウナギ資源の有効活用の必要性が高まっています。

ウナギの魚醤「鰻能(ばんのう)」

 (株)海みらい研究所は(株)あつみ、イチビキ(株)と協働でウナギの魚醤を開発しています。原料は通常は廃棄されることが多いウナギの頭で、商品化すれば日本初の試みとなります。
 「ウナギの魚醤」の開発にあたり「商品名」「新商品の開発」「イメージキャラクター」を、東三河の全ての公立高校で学ぶ生徒の皆さんから募集しました。この募集を通して生徒の皆さんが地域の産業について考える機会となり、6次産業化の取組や、マーケティングなどについて学ぶことにより、キャリア教育の一助となればと考えました。
 1470通という多くの応募作品の中から、商品名は「鰻能(ばんのう)」と決定しました。下図はイメージキャラクターの最優秀作品です。今後、商品ラベルなどに使われると思います。
 現在、商品化に向けて準備中です。2021年春には販売予定です。多くの関係者の思いのこもった、まったく新しいタイプの商品です。どうぞよろしくお願いします。

 

3 天然ウナギの資源保護(SDGs:持続可能な開発目標)

 天然ウナギの資源保護の意義について、産官学の連携や地域での取組みを通して広く周知し、資源保護・密漁防止等の意識を高めています。そのため、「豊橋市天然うなぎ資源保護再生プロジェクト協議会」の構成員として、豊橋市や「汐川干潟を保全する会」、豊橋市養鰻漁業協同組合や地元中学生などと連携して、「石倉かご」のモニタリング調査による天然ウナギの資源調査を行っています。

4 マリン関連業務

 マイボート釣り歴20数年、現在のボートは4艇目で、退職金をはたいて初めて新艇を購入しました。1級小型船舶操縦士、特殊小型船舶操縦士(水上バイク)、潜水士、スクーバダイビングインストラクター、遊漁船業務主任者講習修了など、海に関連する資格も取得し、安全・安心のマリンレジャーを楽しんでいます。浜名湖のマリーナにボートを保管し、凪の良い日は遠州灘に出漁して、アカムツやクロムツなどの深海魚や、アマダイやヒラメなど美味しい魚を主体に釣果をあげています。この経験を活かして何かできないかと考え、マリン関連業務を行っています。具体的にはボートフィッシングを主体とした福利厚生事業などです。


5 活動実績

2020年12月

 12月5日(土)に、「海と日本プロジェクトin愛知県」の取組として「愛知の海を探求しよう!解き明かせ、5つのオーシャンクエスト!」を実施しました。三谷水産高校を配信基地として、オンラインで小学生5・6年に「蒲郡に生息する海産物の種類を学ぼう!」など5つの項目の内容に、同校の先生方や地元の水産業者さんらが講師となり、楽しく学びながら愛知の海を知る機会となりました。

2020年11月
 ウナギの頭を使ったしょうゆ(魚醤)の「商品名」「新商品の開発」「イメージキャラクター」を東三河の全ての公立高等学校で学ぶ生徒の皆さんから募集したところ、1,470通というたいへん多くの応募がありました。
 厳正なる選考の結果、商品名は「鰻能(ばんのう)」、イメージキャラクターは「とうしょーくん」(以下)に決定しました。
 ウナギの魚醤が地域の特産品として幅広く愛される商品となることを願って、今後も商品化に向けてブランディング等に取り組む所存です。
2020年9・10月
 愛知県豊橋市の汐川干潟でウナギの生態調査を行いました。日本の伝統漁法を応用した「石倉カゴ」が使われ、干潟で石倉カゴを使った調査が行われるのは全国で初めてです。捕獲したウナギに電子タグを埋め込み、生態を継続的に調査していきます。
2020年5月
 食品メーカー「イチビキ」(名古屋市)がウナギの頭を使ったしょうゆ(魚醤)の試作を開始しました。海みらい研究所では、水産加工会社あつみ(豊橋市)で廃棄されていたウナギの頭の有効活用を持ち掛け、イチビキに魚醤づくりを提案しました。